ページの本文へ

Hitachi

株式会社 日立保険サービス

先輩メッセージ

企業リスクソリューション本部 企業保険二部 保家 潤子(2011年度入社)

企業リスクソリューション本部 企業保険三部 保家 潤子(2011年度入社)

【入社動機】

営業職としてお客さまのご希望を聴き、それに沿った商品開発、そして自らが提案できる仕事がしたいと思っていました。保険代理店はお客さまと保険会社の橋渡しを行う役割を果たします。また目に見えない金融商品は個々のお客さまに最適な商品の提供ができるため、希望している業界のひとつでした。お客さまの声を聴き、それに合致した商品を提供したいと思い、保険代理店である当社に入社しました。

【仕事内容】

法人営業の営業職としての主な業務は保険契約、保険事故対応、リスクマネジメントサポートです。お客さまが抱えるリスクを保険に転嫁し、費用の平準化を図ることで企業の財務に対する突発的な巨額損失を避けることができます。お客さまの抱えるリスクを伺い、必要な保険提案を行います。保険事故が発生した場合には速やかに保険金を受け取れるよう必要書類等、手続きの案内を行います。またリスクに関する専門性を活かし、BCPや事故低減活動等、リスクマネジメント全体のサポートを行っています。当社の国内法人契約は本社の企業リスクソリューション本部に業務を集約しているため、遠方のお客さまとは電話やメールでのやり取りが多くなってしまいますが、定期的に訪問し直接お話を伺う機会をつくるよう心掛けています。

【仕事の面白さや醍醐味】

リスクにあわせた保険の最適化を提案することです。社会は常に動いているため、お客さまが抱えるリスクも変化していきます。そのため、保険もそれに応じてメンテナンスしていく必要があります。またこれまで保険化が難しかったリスクに対しても保険会社と交渉を行い、新しい保険を組成していきます。そのような保険の最適化によりさらなる安心を提供できることです。

【仕事で苦労する点】

保険商品を説明することです。保険商品は約款に補償内容が記されていますが、専門用語やわかりにくい部分が多々あります。保険の内容をわかりやすく適切に表現することには毎度苦労しており、説明が得意な上司や先輩をお手本にいつも模索しています。それが保険代理店の営業の仕事ですので、苦労する一方で使命感を感じています。

【印象に残っている仕事】

合併した会社の保険の再構築を行ったことです。各会社の補償内容は異なっており、それぞれがその条件を設定した文化や背景があります。相互に良い保険契約になるよう補償内容の設計を行うとともに、複数保険会社で相見積を行いました。双方の良い補償内容を組み合わせた補償内容となり、保険料は相見積により低減し、お客さまに満足いただける結果になりました。

【今後の目標】

グローバルでのリスクマネジメントのサポートを行うことです。海外進出している企業が多く、グローバルでのリスクマネジメントは各企業の重要課題になっています。海外出張は私自身、経験不足ですが、現地法人のリスク把握、未付保リスクへの保険提案、日本からの付保基準統制等、お客さまのリスクマネージャーとしてサポートしていきたいです。そのために保険知識の深化や語学力向上について努力したいと思います。

【オフの過ごし方】

友人と食事をしたりして、のんびり過ごします。ときには登山やダイビング、スノーボードなどアウトドアで心身ともにリフレッシュします。また土日や長期休暇を利用して国内外へ旅行し色々な文化に触れることも好きです。

首都圏営業一部 三浦 大地(2013年度入社) (現 企画本部制度企画部)

首都圏営業一部 三浦 大地(2013年度入社)

【入社動機】

多くの人々に貢献したいという思いから金融業界を志望していました。日立グループのスケールメリットを活かし、一般の保険と比べて割安な保険料で加入することができる制度保険を日立グループ従業員約33万人に提供するという当社のビジネスモデルは、自身の思いに合致すると感じ、当社に入社することを決意致しました。

【仕事内容】

個人営業部門の主な役割は、制度保険の普及を通して日立グループ従業員ならびにそのご家族の福利の増進に貢献することです。日々、どうすればより多くの従業員に制度保険を普及することができるか考え、その方法を各グループ会社窓口に提案をしたり、個人のお客さまと1対1で面談をし、制度保険を活かしたプランを提案するということが主な業務内容です。その他、保険金請求や契約内容変更等の保全業務も日々行っています。

【仕事の面白さや醍醐味】

個人営業部門の仕事の醍醐味は各グループ会社の窓口と一体となり、仕事ができることです。制度保険は各グループ会社の福利厚生制度の一環ですので、普及活動を行う際には必ず打ち合わせを行い、そこで決めた事を共に実行します。同じグループ内とは言えども、他の会社の方々と一体感を持って仕事をすることは他ではなかなか経験することができないことかと思います。

【仕事で苦労する点】

保険は形のない商品ですので、お客さまにどのように説明をするかが重要です。特に不利益事項を説明する際には細心の注意を払いながら説明をしていますが、時に「そんなこと聞いていない」と言われてしまい、トラブルに発展してしまうことがあります。万人に通ずる説明方法はなく、お客さま一人一人にあった説明方法を見つけ出さなければならないことが苦労する点であり、やりがいにもなる部分です。

【印象に残っている仕事】

新たに制度保険を導入したいとのお申し出を頂いたグループ会社に制度保険を導入したことです。制度保険を導入する際には、所定の条件を満たす必要があり、その条件を満たすために、全従業員に通知や説明を行わなければなりません。これを実行する為には当社とグループ会社窓口がより一層協力する必要があり、いつも以上に一体感を持って仕事をすることができました。結果、無事に制度保険を導入することができ、お互いに強い達成感を得たことはとても印象に残っています。

【今後の目標】

日立保険サービスの営業社員だからこそできる提案を一人でも多くの従業員にすることです。日立グループ独自の福利厚生制度に対する理解を深め、適正な必要保障額を見極めた上で、制度保険を活用したプランをご提案し、一人でも多くの従業員の福利増進に貢献したいと考えています。

【オフの過ごし方】

自宅でゆっくり過ごしたり、友人と食事に行ったりしますが、上司や同僚とゴルフに行くことが多いです。当社の従業員は気さくな方が多く、社内の雰囲気もかなり良いと感じています。