ページの本文へ

Hitachi

株式会社 日立保険サービス

聞かせて!あなたの体験談 闘病記や保険にまつわる話、健康や子育ての体験談を掲載しています。

日立保険サービスで働く子育てパパたちによる座談会 〜聞かせてパパ!〜

仕事人として、家庭人として、妻や子どもたちとの生活を楽しんでいる5人の子育てパパさんにお集まりいただきました。さらに、父親として上司として人生の先輩であるイクボスたち、仕事に育児に活躍するママさんたちも交えて、仕事や家庭、子育てにまつわる悩みや本音をうかがいました。

座談会メンバー

座談会メンバー

chapter1

【仕事編】会社の理解
子どもの病気や学校行事への参加など、家庭の事情で会社を休める?

子育てが始まると、さまざまな事情で家庭に時間を費やすことも多くなると思いますが、働き方は変わりましたか。また周りの方の理解はいかがですか。

Aさん

うちは共働きで、妻も同じ会社にいますが、家庭と仕事が両立できるように支援してもらえる環境にいると感じています。例えば、妻は通常は時短勤務ですが、毎月月末がとても忙しい部署にいるので、そのときには残業をしなければならないのが常です。そこで、私の部署に事情を話して、月末は子どもの世話をするために定時で退社したいと相談し、了承してもらっています。うちの部署も決して月末が暇なわけではないですが、何かあるときには部としてサポートしてもらえることが実感できているので、働きやすい環境だなと感じています。

Bさん

いくつかの部署を経験し、同じ会社でも職種や職場環境によって状況が違うと感じています。私は営業をしていたころは転勤が多く、今までに日本各地を5回ほど転勤してきました。営業が一人しかいない拠点では、休日に出勤をして仕事することも多く、当時は家庭のことは妻に任せていましたね。現在は、できるだけ家に早く帰るように心がけて、子どもや家族との時間を大切に過ごしています。

Cさん

私も入社以来、関東を中心に何回か転勤をしてきました。入社してまもなく結婚して、子どもができたのが早かったこともあり、どの部署にいたときも、みんな私の育児状況について理解してくれていたのを感じます。子どもの学校行事なども、ほぼ全部参加できています。

Dさん

私は家から職場までが近いことや、妻は専業主婦で実家のサポートも受けられるなど、かなり恵まれた環境にいると思います。職場は仮に一人が休んだとしても、他の人がサポートできる体制があり、育児や家庭の事情について、職場の理解は得やすいですね。

Eさん

私も周りの理解はとてもあると思いますね。現在は単身赴任中なので、家庭のことや育児のことは、実質的にほとんど妻に任せきりです。会社にはいろいろな制度があって、家に帰るための交通費に補助も出ますし、休んでいいとも言ってくれています。ただ、自分の中に「任されている仕事もあるし、休んでいられない」という気持ちもあって、なかなか積極的に制度を利用できてはいないのですが……(苦笑)。

司会

仕事と家庭生活を両立するうえで、周りに遠慮するような部分、不安に思うようなことはありましたか。例えば、家族の急病や子どもの学校行事などの事情で、早退や休暇が必要な状況になることもあると思います。

Aさん

家庭のことで業務に支障が出ないように、上長を中心にサポートしてもらっていますので、仕事についてはそれほど心配はありません。むしろ、小さな子どもはデリケートなので、娘と二人きりになったときに、自分はちゃんと面倒を見られるのだろうかという不安がありました。

Bさん

その気持ち、分かります。

Aさん

1〜2歳ぐらいのころは、急に熱を出して、保育園から連絡がくることもありました。妻が忙しいときは、私が対応するようにしていましたが、熱が出てしんどそうにしている娘を、自分が看病できているのかどうか自信がなくて。そういう意味での不安です。今思えば、もっとできることはあったんだろうし、もっと日常的に子どもの世話をしていれば、慌てなくてすんだのかもしれませんね。

Bさん

私は子どもが小さいときは、地方拠点にいて仕事が忙しかったので、妻に任せきりで、正直あまり育児に関われていませんでした。でも、病気などの緊急事態のときは、早く帰れるように職場の仲間にサポートしてもらいました。下の子どもが生まれるとき、妻が切迫早産と診断されて緊急入院になってしまったのですが、そのときには、仕事のことは後回しにして駆けつけることができました。

Cさん

私の場合、次女が小さい頃は少し体が弱く、月に1度は高熱を出して救急車を呼ぶようなこともあったんです。3年ほど前には1か月ほど入院することになってしまい、妻は病院で寝泊まりして付きっきりで看病していました。長女もまだ小さく、長男も生まれたばかりだったので、私が家と会社と病院を慌ただしく行き来する状態でした。そうした事情を周りが理解してくれて、仕事も負荷がかからないように、配慮していただいたのでとてもありがたかったですね。そのときは、妻の母親が四国から上京してサポートしてくれたこともあって、なんとか乗り切ることができました。

Bさん

困ったときにはお互いさまという感じでやらないと、会社が回っていかないですよね。

Cさん

そうですね。今の部署は当時とは違うので事情は少し変わってくると思いますが、会社全体の理解はあると思うので、仕事と家庭を両立させる方法もあると思います。在宅勤務はまだ試験段階かもしれませんが、何かあったらトライしてみたいと思います。

Eさん

子育てとは違いますが、今は私の父親が体の具合が少し良くなくて。何かあるかもしれないということを、職場には事情を伝えるようにしています。先に伝えておかないと、何かあったときにいきなり対応するのは難しいと思うので、意識して周囲に話すようにしています。

Dさん

私は管理職として、部下の話を聞いて事情を理解すべき立場ですが、正直言って、独身の頃は、仕事と家庭については実感がわきませんでしたね。結婚して、子どもができてから、身をもって分かるようになったというか、実体験のなかで意識が変わってきたと感じています。子育て中は大変なこともあることを理解したうえで、家族といる時間を確保することが、いい働き方につながるんだということを、組織に広めていきたいと思っています。

イクボスFさん

万が一、急に誰かが休むことになっても、管理職は、その人の代わりができるようにしようという意識を持っています。引き継ぎをしなければ仕事が滞るというやり方では困るので、全社的にそういう体制になっていると思います。

イクボスGさん

上長の立場からすれば、いざというときにスムーズにフォローするためにも、家庭の事情は把握しておいたほうがいいんです。年に2回ほど、フィードバック面談を行うので、そのときに、プライベートな部分や家庭のことを聞くことが多いですね。