ページの本文へ

Hitachi

株式会社 日立保険サービス

からだの芯から温まる 温活スープの健康メニュー

からだを温めるといわれている食材を使った
冷え性対策にぴったりのほかほかスープメニューを紹介します。

辛さがからだを温める カムジャタン風スープ

調理時間 15分

材料(2人分)
1人分 554kcal
じゃがいも
300g(中2個)
豚バラ薄切り肉
150g
キムチ
60g
にら
25g(1/4束)
長ねぎ
1/2本
しょうが、にんにく
各1かけ
 
 
ごま油
小さじ2
600cc
中華だしの素
小さじ1 ※上の水に溶いておく
大さじ3
砂糖
大さじ1/2
コチュジャン、みそ
各大さじ1.5

作り方

  1. じゃがいもの皮をむき、8等分に切って電子レンジで4分加熱して、柔らかくしておく。

  2. 電子レンジをかけている間に材料を切る。豚バラ薄切り肉、キムチ、にらをざく切り、長ねぎを斜め切りにする。しょうがはスライス、にんにくはすりおろす。

  3. 鍋にごま油を熱し、豚バラ薄切り肉、①で熱したじゃがいもを炒める。

  4. ③に油が回ったら、中華だしを加えた水、調味料を加え、沸騰させる。キムチ、にんにく、しょうがを加えてふたをし、中火で7〜8分煮込む。

  5. ④に、にらと長ねぎを入れてひと煮する。

お料理ポイント

じゃがいもは煮崩れるくらい柔らかく煮込むとおいしさが増すため、電子レンジで加熱して時間短縮をします。時間に余裕があるときは、スペアリブや軟骨肉など骨付き肉を使って、40〜50分間煮込むとワンランク上の味わいになります。コチュジャンの量を調節して、お好みの辛さに仕上げましょう。

からだを温める食材

スパイス

香辛料、香味料、薬味などのスパイスにはからだを温める成分を含んだものが多くあります。唐辛子には、カプサイシンという辛み成分があり、代謝を促進し、発汗を促しからだを温めます。同様に、こしょうやさんしょう、しょうがなど辛みを感じるスパイスにも、からだを温める成分が含まれていて、少量でも効果があります。