Hitachi

介護保障のご案内(団体総合保険)

介護のリスクに向き合っていますか?介護が必要な人は増え続けています。

1.介護が必要な人は増え続けています。介護が必要な人は増え続けています。

[公的介護保険制度] 要介護認定者数の推移

2018年4月現在で約644万人となっており、日本の総人口の約5%を占めています。また、H12.4末と比べると約3倍も認定者数が増えています。

グラフ:厚生労働省「介護保険事業状況報告」
厚生労働省
「介護保険事業状況報告」

2.「公的介護制度があるから」とあんしんしていませんか?

公的介護保険制度は、高齢者を社会全体で支える仕組みとなっています。
しかし、要介護が必要な高齢者が増える一方、支えていく世代の人数が減少している今、今後も1人あたりの支えていく人数が多くなっていくことが考えられます。
さらに介護保険法の改正により、自己負担額が増加するなど、これまで以上に経済的負担が大きくなっています。

3.介護は長期間におよぶ可能性があります。介護は長期間におよぶ可能性があります。

介護を始めてからの期間(介護中の場合は経過期間)に関する統計では、平均54.5か月(4年6か月)となっています。介護期間が4年以上となった割合が42.8%となっています。

【円グラフ】

  • 6か月未満
  • 6か月〜1年未満
  • 1〜2年未満
  • 2〜3年未満
  • 3〜4年未満
  • 4〜10年未満
  • 10年以上
  • わからない

生命保険文化センター
「生命保険に関する全国実態調査(平成30年度速報)」

4.介護費用は経済的負担となることも考えられます。介護費用は経済的負担となることも考えられます。

公的介護保険適用外の用具・設備(購入・施行した場合)の一例です。

生命保険文化センター「介護保障ガイド」
(2017年11月版)
車いす 自走式4〜15万円、電動式30〜50万円
特殊寝台 15〜50万円(機能により金額は異なる)
ポータブル
トイレ
水洗式1〜4万円、シャワー式10〜25万円
手すり 廊下・階段・浴室用など1万円〜
(サイズ・素材により金額は異なる(工事費別途))
階段昇降機 いす式直線階段用50万円〜(工事費別途)
リフト 据置式20〜50万円(工事費別途)
レール走行式50万円〜(工事費別途)
有料老人
ホーム
入居一時金(平均)500〜2,500万円
月額利用料10〜30万円/月(介護付き終身利用型の場合)

介護老人福祉施設(特別養護老人ホーム)の1か月の自己負担額の例です。

  • ※ 自己負担額は施設の利用内容によって変わります。
    (個室利用か多床室利用など)

〇要介護5の人がユニット型個室を利用した場合

費用の内容自己負担額
施設サービス費
の1割
27,300円
居住費59,100円(1,970円/日)
食費41,400円(1,380円/日)
日常生活費15,000円(施設により設定。)
自己負担合計142,800円

生命保険文化センター「介護保障ガイド」
(2018年8月改定版)

介護は身近なリスク! 介護は「する側」「される側」両方のリスクがあります。
ご自身だけでなく「親」のこと「子ども」のことも考えてみましょう!

日立グループ制度保険団体医療保険制度『介護一時金支払特約』がございます!一時金100万円を一口として、最大5口までご加入いただけます。

  • 介護保障に関するお問い合わせはこちら
  • 団体医療保険制度についてはこちら

特長1

「公的介護保険制度における要介護2から5相当」と医師が診断し、その状態が診断日からその日を含めて90日を超えて継続している場合に保険金をお支払いします。

公的介護保険制度における要介護認定ではなく、医師の診断結果にもとづき保険金をお支払いします。

特長2

ご本人だけでなくご家族もご加入いただけます。
また、84歳までご継続いただけます。

※ご加入いただく際には健康告知が必要となります。

特長3

お手ごろな保険料で大きな補償が得られます。

日立グループのスケールメリットを活かした団体割引30%が適用されています。

特長4

日立グループ専用

損保ジャパン日本興亜・アシスタントダイヤルを利用いただけます。

<日立グループの皆さま向け>(団体医療保険制度への加入の有無は問いません。)
お客さまからのご相談内容をおうかがいし、介護関連サービス提供業者にお取次ぎさせていただきます。24時間365日
サービスをご利用される場合の費用はお客さまのご負担となります。ただし、介護保険申請代行サービス・介護施設紹介については無料です。

介護代行サービス

介護のプロが高齢者や障がいのある方の身のまわりのお世話をします。

家事代行サービス

家事全般をお手伝いします。

介護保険申請代行サービス

公的介護保険制度における要介護(要支援)認定申請の手続き等を代行します。

介護施設紹介

介護施設や訪問介護サービスをご紹介します。

福祉用具販売・レンタル

特定福祉用具の販売や福祉用具のレンタルを行います。

セキュリティサポート

  • ■ホームセキュリティ
    ご自宅に設置したセンサーが家族や住まいを見守り、万が一のときにはガードマンが駆けつけます。
  • ■留守宅管理サービス
    留守宅の見回りと投函物回収に加え、留守宅の侵入も警戒します。
  • ■みまもりサービス
    家族の暮らしぶりを見守り、ボタンひとつで駆けつけます。
  • など

介護一時金支払特約(P型)にご加入のお客さま限定

配食サービス

管理栄養士が監修したお弁当を日替わりでお届けします。

リフォームサービス

広くて段差の少ない浴室にリフォームします。
段差をなくした間取りにリフォームします。

  • (注1)お住まいの地域や、やむを得ない事情によって、サービスのご利用までに日数を要する場合、サービスをご利用いただけない場合や優待条件でご利用いただけない場合があります。
  • (注2)サービスをご利用される場合の費用はお客さまのご負担となります。
  • (注3)本サービスは要介護状態に該当していない場合でもご利用いただけます。

損保ジャパン日本興亜・
アシスタントダイヤル

0120-599-240

  • 本サービスは、損保ジャパン日本興亜のグループ会社およびその提携業者がご提供します。
  • 本サービスは予告なく変更または中止する場合があります。
  • ご利用は日本国内からにかぎります。

(注)保障内容・制度の仕組みなど団体医療保険制度に関するお問い合わせは日立保険サービスまでお願いします。

介護一時金支払特約
(P型)ご加入
お客さま限定NEW

SOMPO笑顔倶楽部は、MCI(軽度認知障害)の早期発見や認知機能低下の予防に寄与するサービスから、万が一要介護状態になった場合の介護サービス紹介等まで一貫した有用な情報をWEB上で加入者の皆さまにご提供いたします。

以下URLへアクセスの上、会員登録してご利用ください。

会員登録には証券番号が必要となります。証券番号は91191HA001です。
「SOMPO笑顔倶楽部」の利用方法等に関するお問い合わせ先:
0120-251-036
(受付時間:9:00~18:00 年末年始除く)

URL
https://www.sompo-egaoclub.com

「SOMPO笑顔倶楽部」の主なコンテンツ

認知症知識・最新情報

認知症やMCI、介護に関する基礎知識や最新情報をご提供します。

認知機能チェック

認知症・MCIの予兆を把握(チェック)するサービスを提供します。認知機能チェックを習慣化し、自身の変化を捉えることが予防につながります。

サービスナビゲーター

お客さまの日常生活の状況やお住まいの地域等から、認知機能低下予防に向けておススメのサービスを提示します。

認知機能低下の予防サービスの紹介

予兆把握、運動、睡眠、学習、言語、音楽、心理相談など、認知機能低下の予防につながるサービスをご紹介します。
※パートナー企業が提供し、提供サービスは有償・無償いずれもあります。

介護に関するサービスの紹介

SOMPOホールディングスグループの介護会社「SOMPOケア」を中心とした介護に関するサービスをご紹介します。
※パートナー企業が提供し、提供サービスは有償・無償いずれもあります。

  • (注1)お住まいの地域や、やむを得ない事情によってサービスのご利用までに日数を要する場合やサービスをご利用いただけない場合があります。
  • (注2)本サービスはSOMPO笑顔倶楽部を運営する損保ジャパン日本興亜のグループ会社およびサービスパートナー企業が提供するサービスです。
  • (注3)本サービスは、サービスパートナー企業のサービスについて、損保ジャパン日本興亜が紹介をするものです。サービスをご利用の場合にかかる費用はお客さまのご負担となります。
  • (注4)本サービスは2018年12月時点のものであり、予告なく変更または中止する場合があります。
  • (注5)本サービスの詳しい内容につきましては、SOMPO笑顔倶楽部のサービス利用規約をご確認ください。

新規のご加入は日立グループに在職中の方のみのお取扱いとなります。(退職後は継続のみのお取扱いとなります。)
日立グループに在職中の方以外で介護の保障をご検討の方は、最寄の日立保険サービスまでご連絡ください。

  • 介護保障に関するお問い合わせはこちら
  • 団体医療保険制度についてはこちら
  • 国内営業拠点についてはこちら

このページは概要を説明したものです。詳しくは日立保険サービスまでお問い合わせください。

引受保険会社:損害保険ジャパン日本興亜株式会社