ページの本文へ

Hitachi

株式会社 日立保険サービス

聞かせて!あなたの体験談 闘病記や保険にまつわる話、健康や子育ての体験談を掲載しています。

「へバーデン結節」をご存じですか? 突然の手指の関節炎

Mさん 50代女性
(研究職)

「へバーデン結節」をご存じですか?

「へバーデン結節」という関節炎、40代以上の女性に多いそうです。
ちょうど1年前、洗濯物を干している際に、右手中指の第一関節に、にぶい痛みを覚えました。
どこかにぶつけたり、突き指をした記憶もなく、腫れてもいなかったのでそのまま様子を見ましたが、ひと月たっても痛みがおさまらず、関節も少し膨らんで見えました。
整形外科でレントゲンをとってもらい、「へバーデン結節」という指の第一関節が変形して痛みが出る病気だということがわかりました。

原因不明の関節炎で、有効なお薬や処置方法はなく1年くらいたつと自然に痛みはなくなるとお医者さまは言います。
痛い場合はテーピングをして動かないようにしなさい、どうしても痛みがひどい場合は手術で指の関節を動かないように固定するが、あまりお勧めできないので、少し様子を見るようにと言われて帰宅しました。とはいえ、毎日の食事の支度や洗い物、洗濯など、右手を使わないでできる仕事はなく、痛みとの戦い。テーピングをしても、水仕事の度に貼りかえるのも難儀。指先が不意にどこかにあたると、飛び上がるほど痛くブルーになります。関節は徐々に膨れ、変形し、最近では指先が左に傾いてきました。

痛みは、お医者さまがおっしゃったように、1年たって少し和らいだように思いますが、それでもまだまだ痛いです。

ちなみに、指の第二関節が変形する病気は「プシャール結節」というそうです。治せるお薬ができることを祈っています。